【富士の茶娘便り】「金時」さんで【富士のほうじ茶そば】をいただきました!

第23代富士の茶娘 の須賀原礼奈です。

皆さん、熱い季節真っ只中ですがしっかりとお食事は取られていますでしょうか?
そこで食欲が落ちるこの季節でもぺろりといただける、爽やかな富士のほうじ茶 を使ったお料理のあるお店をご紹介させていただきます!

今回、富士本町通りにある、かつ皿で有名な「金時 」さんで【富士のほうじ茶そば】をいただきました!

【金時さんについて】
何度もメディアで取り上げられており、店内には著名人のサイン色紙も飾られているお店なのでご存知の方も多いかと思いますが、ここでも富士市の自慢であるほうじ茶を使ったお料理がいただけます!
私も茶娘になってから知ったのでどんなお料理なのかワクワクでした!
店外の看板にもしっかり写真入りメニューが飾られているのでひと目で分かるようになっています👀

【どんなメニューなの?】
ざる・かけ から選ぶことができ、さらに天ぷら付きのセットもあります。
せっかくなので天ぷら付きのメニューで贅沢に楽しみました😋

【さっそくいただきます…!】
まずは何もつけずにお蕎麦だけを実食。
噛めば噛むほど、ほうじ茶の香りが鼻に抜け、香ばしい香りがします。
麺は長すぎず、細めなので口に入れる時に丁度良くまとまって入ります。
上品にいただけるので、ご年齢を重ねた方やお子様も食べやすいお蕎麦だと思います。
天ぷらの衣にもほうじ茶の粉末が使われており、サクサクしていてお蕎麦によく合います。
ほうじ茶のお塩も付いており、お蕎麦や天ぷらにつけて楽しむことができます。
お塩につけてお蕎麦をいただくとより、ダイレクトにほうじ茶の良さを感じられます。

【富士のほうじ茶は魅力万歳!】
私自身、“飲む”イメージが強かったのですが、“食べる”という形で楽しむことも富士のほうじ茶の魅力のひとつだと実感しました。
他の茶娘の方も様々な形で富士のほうじ茶をご紹介されており、自分では知ることができなかった情報が多いので、ますます富士のお茶について情報通になれそうです🤭

今回ご紹介したお料理も、様々な方に食べていただき共感して下さると嬉しいです。
ぜひ、ご賞味ください^ ^

■そば食事処・そば居酒屋 金時■
住所:静岡県富士市本町7-18
電話番号:0545-61-0205

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る